20代のころ「男性は見栄えが良くて、優しくて、出世しそうな人」などと、上から目線で男性を選り好みしていました。

30代になると、いかに自分の理想が高すぎたか気が付き始めます。
稼ぎの良い女性であれば「男性が出世しなくても、私が稼げばいい」と条件を下げます。
専業主婦願望の強い女性であれば「シッカリ稼いでくれる男性ならば、恰好が悪くてもいいや」と、取捨選択できるようになります。

40代になれば、すっかり男性に対する許容範囲は広くなり「自分に好意を持ってくれる人ならば誰でもいい」と投げやりになってしまう女性もいます。

年齢と共にすべての事に許容範囲が広くなるのかと言えば、そんなことはありません。
逆に狭くなるものがあります。
それは、衣服の肌触りです。

ある年齢まではレースの下着も問題なく着ていたのに、「レースはチクチクしてダメ」と天然素材の下着を選んでしまいます。

Tシャツの首の後ろ側のタグもチクチクして、切り取ってしまいます。
このチクチクは我慢することはできないので、どんなに高価な洋服だって、タグを取るまでは着る事ができません。

「何事にも許容範囲が広くなれば、もっと楽になるのになー」と思う今日この頃です。